ホーム

就職のために求人情報を収集する

愛商物流の書籍を読んで

不況の波が一向に引かない近年では、就職を希望していてもいい求人が見つからないという人もいます。できるだけ社員を増やさず、人件費を節約することで、売上げが伸びない今の経済情勢の中で生き残りをはかる会社もあります。

個人的には今物流業界に興味があり、大手ではなく中堅の愛商物流やSBSホールディングスに興味があります。

愛商物流のHP

  • https://twitter.com/aishow_new – 愛商物流の公式ツイッターです。頻繁に更新されておりどんな仕事をしているのか確認できます。

アンテナを多数立てる

すべての会社で求人募集をしないわけではありません。求人情報自体は、新聞の求人欄や求人サイト、ハローワークで目にします。不景気ではありますが、色々なところにアンテナを立てて、求人情報を探していきましょう。転職を希望しているけれど、求人の量がとても少ないので、チャンスを待っているという人もいるでしょう。就職が困難な現状においては、状況が好転するまで就職活動に役立つことをしておきたいという考えも道理でしょう。人づきあいや仕事の適性で行きづまっているためにとにかく別の仕事につきたいからと次の就職先を探すのは、考えものです。

よく考えずに応募して入社した会社が、今働いている会社よりも待遇や環境が良くなる保障はどこにもありません。仕事の取り回し方、社内の人の名前と顔、自分の持ち場などは、今の仕事ならばできるでしょう。しかし、職場環境が変われば、仕事の内容も、人づきあいも一変します。それらに一から慣れていかなくてはいけません。仕事を変える時には、本当にその決断でいいのかよく考えることです。求人にしっかり目を通して、自分にとって益になるところに就職しましょう。